子供の病気と鍼灸治療

関西地方では現在でも小児鍼が非常に盛んに行われています。

小児の皮膚に軽い刺激を与えて病気を治す方法なので、治療を受ける乳幼児の中には気持ちよくて治療中に眠ってしまう子供がいる程です。

小児鍼が効くのは、鍼による皮膚刺激が自律神経を介して脊髄や脳、更に各臓器へと伝わり、内臓の働きを活性化させ、体液を安定させて抵抗力のある身体づくりを促進させるからです。



鍼灸院マップ


ログイン情報を入力して下さい。